JAおきなわ(那覇市、普天間朝重理事長)は8日、うるま市の豚コレラ(CSF)発生を受けて、家畜防疫対策本部会議を開き、今後の防疫対策や、農家などへの支援策について協議した。被害拡大を防ぐため、防疫作業に必要な人員の支援や、豚コレラ未発生地域での防疫指導などに取り組む方針を確認した。