豚コレラ(CSF)感染の「疑い」から「陽性判定」となった8日、感染した豚が飼育されていた、うるま市の豚舎では、封じ込めに向けた懸命の作業が続いた。県職員ら防護服に身を包んだ作業員が感染拡大防止用の白い消石灰をまき、殺処分を進めた。