沖教組(佐賀裕敏中央執行委員長)は6日、新春のつどいを那覇市の県教育会館で開いた=写真。教員の超過勤務や精神疾患による病休者の発生率で、全国ワーストが続く働き方の改善に取り組む方針を示した。 佐賀氏は、病休者に占める精神疾患の割合が「不名誉な記録を更新し続けている」と指摘。