沖縄本島中部で、豚やイノシシの伝染病豚コレラ(CSF)発生の疑いが出た。豚コレラは2018年9月、国内では26年ぶりに発生を確認して以来、1府8県の農場に感染が拡大。終息の兆しが見られないだけに、養豚農家や農業関係者からは、不安や風評被害を懸念する声が上がる。