社民党県連(照屋大河委員長)は6日、那覇市内で旗開きを開き、6月実施予定の県議選で公認、推薦候補の勝利を目指すことを確認した。照屋氏は「県議選は今年最大の政治決戦。必ず勝ち抜いていこう」と呼び掛けた。引退を表明している沖縄2区選出の照屋寛徳衆院議員の後継候補の人選も急ぐ考えを示した。