【沖縄】沖縄市内の養豚場で豚コレラ(CSF)感染が確認された10日、桑江朝千夫市長は市役所で会見し「大変残念でならない。まん延防止に全力を尽くしたい」と述べた。  市内では2018年末現在で1万1千頭の豚を飼育しているが、うち約3千頭が今回殺処分の対象となった。「今考えることは拡散しないこと。