県は11日、豚コレラ(CSF)の発生で県内2例目となる農家が沖縄市で運営する養豚場でも新たに感染が確認されたと発表した。県は同日、県庁で3回目の防疫対策会議を開き、計1897頭を殺処分することを確認した。県内で殺処分となる豚はこれで6683頭となる。