うるま市や沖縄市の養豚場で豚コレラ(CSF)の感染が確認された問題で、県は13日午前7時半までに計5414頭を殺処分したと発表した。 一方、沖縄市の養豚場で10日にCSF感染が確認された養豚場の豚の埋却作業が同日午前0時に始まった。同市内のほかの2農場でも準備が進んでいる。