空手道、なぎなた、相撲、柔道、剣道、弓道、少林寺拳法、合気道、銃剣道の9団体で組織する県武道連絡協議会の鏡開き式・武道始めが12日、県立武道館で行われた。各団体から約270人が参加し、合同稽古に汗を流した。  武道始めの模範演武では、各競技の熟練者が基本動作や日頃鍛えた技を披露。