【名護】県内で食肉処理される豚の約3割が搬入される名護市食肉センターは、豚コレラの発生後、業者の出入りなど立ち入り制限や搬入口に消石灰をまくなど対策を強化している。  同センターでは、搬入された豚を食肉処理し、カットして袋詰めなどにした後、県内各地の販売店などに搬出される。