沖縄芸能協会(勝連繁雄会長)の第30回新春公演が11日、那覇市久茂地のタイムスホールで開幕した。「古典の美」をテーマに、琉球王国時代から受け継がれてきた舞踊を中心に構成。舞踊「かせかけ」「本嘉手久」や古典音楽斉唱「松竹梅」など多彩な演目で観客を魅了した。主催は同協会と沖縄タイムス社。12日まで。