豚コレラ(CSF)の感染が、徐々に広がりを見せている。11日に明らかになった沖縄市の養豚場は、県が当初設定した半径3キロの移動制限区域外で見つかった初の事例となり、広域感染の懸念が強まっている。県は検査対象の養豚場を10キロ圏内まで拡大。