【東京】江藤拓農相は14日の記者会見で、沖縄県内で豚コレラ(CSF)が確認されたことを受け、沖縄の固有種「アグー」を種の保存の観点から、隔離移転することを検討していると明らかにした。移動や、移動先の施設に必要な経費は国が負担する。

豚コレラから守るためアグーの隔離移転を検討していると明らかにした江藤拓農相=14日、農林水産省

 江藤氏は「種の保存ということが大変大切だ。県民の大切な大切な沖縄の固有種だ」と述べ、県と調整しているとした。

 CSFの発生県から他県への移動は家畜伝染病予防法上、不適切として、県内での隔離を検討している。