立憲民主党(枝野幸男代表)と国民民主党(玉木雄一郎代表)の合流協議が難航している。 10日の党首レベルの会談で合流条件を最終調整するはずだったが、結論を出すことはできなかった。 国民民主党の中には、合流に積極的な衆院側と、慎重論が根強い参院側との間に深い溝がある。