県内でサトウキビが収穫シーズンを迎えている。県内ほぼ全域で最高気温が20度を超える陽気となった14日、八重瀬町志多伯の畑では、照り付ける日差しを浴びながら農家の人たちがキビ刈りに汗を流していた。

日差しが照り付ける中、サトウキビの収穫作業に精を出す男性=14日午前、八重瀬町志多伯(金城健太撮影)

 同日は多良間空港で最高気温が平年より4度高い25・2度を記録した。石垣市と竹富町波照間でも25・0度と夏日になった。

 沖縄気象台によると、15日の沖縄地方は、高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。