県は15日、うるま市の養豚場で、新たに4例目となる豚コレラ(CSF)の発生を確認したと発表した。飼育していた1825頭が殺処分される。殺処分の対象となる養豚場は、関連養豚場を含め、7養豚場に拡大した。農家から14日午前、県に「飼養豚が死んでいる」との通報があり、調査したところ、陽性反応が出た。