麻疹(はしか)の免疫力が不十分な可能性がある20歳以上50歳未満の男女を対象に、県は昨年10月末から、抗体検査やMRワクチン接種の費用の一部補助を始めた。県内155カ所の医療機関で検査や接種ができるが、補助による検査は昨年12月10日時点で17人にとどまる。