宇宙機器やAI衛星の開発などを手掛ける「天の技」や琉球大学などは衛星やドローン、定点観測カメラを活用した海洋ごみの漂着予測のシステム構築の実証実験を県内で始めた。2月からはデータ収集や検証などを行い、4月には大まかな解析結果を示したいとしている。