うるま市や沖縄市の養豚場で豚コレラ(CSF)の感染が確認された問題で、県は14日、野生イノシシの検査に乗り出す方針を固めた。 今月8日、CSFが確認されたうるま市の養豚場の半径3キロ圏内から調査を始める。