磨き上げ艶をまとう桑の木、ニービ石を加工して作ったつぼ、庭園の「つくばい」−。自宅の作業場には、手作りの作品がところ狭しとあふれている。どれも友人から不用になったものを譲り受けたり、工事現場で出た廃材を集めたりした材料だ。「私から見れば捨てるものなんてない。全て宝物だよ」とほほ笑む。