【渡嘉敷】村民待望の新造船「マリンライナーとかしき」(総トン数197トン、定員200人)が12月21日に就航し、渡嘉敷港で多くの村民の祝福を受けた。 2000年に就航した初代高速船の老朽化に伴い、昨年度に起工。10月に進水式があり、数日間のトライアルを終え就航となった。 船名はそのまま継承した。