6434人が犠牲になり、日本中が衝撃を受けた1995年の阪神大震災から17日で25年を迎える。日本出版販売沖縄サテライトで働く佐奈喜彩子さん(33)=那覇市=は当時、神戸市内でも最多の約1470人が亡くなった東灘区で生まれ育った。「防災を考えるきっかけとしてでも震災を知っていて欲しい」と話す。