沖縄タイムス+プラス ニュース

「首里城が燃えて大変だから…」園児が呼び掛けた15万円、再建へ託す

2020年1月18日 06:23

 ゆたか認定こども園(豊見城市)の5歳児クラスの子どもたちが16日、沖縄タイムス社を訪ね、首里城再建に向けて園児らが呼び掛けた募金など計15万805円を託した。

首里城支援へ自分たちで集めた募金を託したゆたか認定こども園の子どもたち=16日、那覇市・沖縄タイムス社

 昨年12月に同園で開かれた「ゆたか祭り」の収益金に加え、子どもたちが同月中旬から1週間余り、園の門前で保護者らに募金を呼び掛けた。子どもたちは「首里城が燃えて大変だから何か役に立ちたいと思った。たくさん集まって良かった」と笑顔で話した。

 「子どもたちから募金をしたいという声が上がった」と話す玉城文子園長は、2月のお遊戯会では首里城をテーマにした劇をするとして、「沖縄を大切にしようという心が芽生えたと思う」と成長を喜んだ。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気