劇団綾船(平良進代表)の沖縄芝居公演が10日、浦添市の国立劇場おきなわで開かれ、悲恋歌劇「冬ぬ夜雨」(平良進作、演出)を上演した。幸地里之子(宮城茂雄)と尾類のチルー(小嶺和佳子)の身分の異なる男女の恋愛と別れを情感豊かに描いた。 首里の侍、幸地里之子と美貌で評判のチルーは恋に落ちる。