愛知県警機動捜査隊は18日、同隊の男性巡査長(31)が17日夜、同県岡崎市橋目町のコンビニの個室トイレに、実弾入りの拳銃を一時置き忘れたと発表した。約20分後にトイレを利用した男性客が見つけ、店員が岡崎署に通報した。使用された形跡はなかった。

 同隊によると、巡査長は17日午後9時ごろ、ケースに入れた拳銃1丁をトイレットペーパーのホルダーの上に置き忘れた。気付かずにコンビニの駐車場で警戒に当たっていたという。

 村瀬武彦副隊長は取材に「今後指導を徹底し、再発防止に努める」と話した。(共同通信)