【東京】全国の旅行会社が投票で選ぶ「第40回プロが選ぶ観光・食事・土産物施設100選」の土産物施設部門で、読谷村の御菓子御殿(澤岻英樹社長)が全国1位に選ばれた。去年まで8年連続でトップ10に、3年連続で2位にそれぞれ入っていたが、1位は初めて。県勢としても初の1位となった。

表彰状と記念の盾を受け取る御菓子御殿の澤岻英樹社長(右)=17日、東京・新宿の京王プラザホテル

 都内のホテルで17日、表彰式があった。賞状と盾を受け取った澤岻社長は取材に「プロの方々が選ぶ賞なので、うれしい。毎年、お客さんが飽きないように施設を変えてきた。さらに喜んでもらえるよう楽しい施設を目指したい」と抱負を語った。

 土産物施設100選には県内から優美堂(糸満市)、琉球ガラス村(同)、みね屋工房(石垣市)、琉球真珠(同)、みんさー工芸館(同)が入選。観光・食事施設100選には、琉球料理首里天楼(那覇市)、ナゴパイナップルパーク(名護市)、舟蔵の里(石垣市)が入った。

 そのほか、「日本のホテル・旅館100選」の施設部門で、南城市の百名伽藍が85位に選ばれたほか、「水上観光船30選」に石垣市の川平マリンサービスが入った。

 投票は、主催する旅行新聞新社(東京都)が、旅行業1~3種の登録を持つ全国の旅行会社を有権者とし、1万5982通の投票権を送り、昨年10月に行った。