沖縄県警は17日、うるま市の県警独身寮で同僚の部屋に侵入し現金6千円を盗んだとして、県警本部警備部機動隊所属の男性巡査(26)を住居侵入と窃盗の容疑で那覇地検沖縄支部に書類送検した。「生活費に充てた」と容疑を認めているという。

パトカー(資料写真)

 県警監察課によると、巡査は2019年11月28日から30日、同僚の部屋に侵入し、貯金箱から現金6千円を盗んだ疑い。同12月16日に被害者が上司に相談し、県警捜査3課が事情を聴くなどして調べていた。

 同年9月ごろから11月28日までの間に複数回にわたり被害者の同じ貯金箱から約8万4千円を盗んだ疑いもあったが、嫌疑不十分となった。巡査は17日付で依願退職した。

 松崎賀充首席監察官は「県民の信頼回復に向け再発防止に努める」とコメントした。