【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、故金日成主席と共に抗日闘争に参加した「革命第1世代」として知られる女性の黄順姫氏が17日、急性肺炎による呼吸不全で死去したと伝えた。100歳だった。

 金正恩朝鮮労働党委員長は17日、李雪主夫人と共に弔問に訪れ、哀悼の意を表した。19日に国葬が行われる。崔竜海最高人民会議常任委員長を委員長とする70人の国家葬儀委員会が構成された。

 1919年5月、中国東北部の延吉で生まれた。朝鮮通信(東京)によると、62年から最高人民会議代議員、65年から朝鮮革命博物館館長を務めていた。(共同通信)