【山形県で豊島鉄博】山形県の最上広域市町村圏の児童と交流する事業(主催・中部広域市町村圏事務組合)で、本島中部の小学5年生68人は最終日の17日、日本三大急流の一つ、最上川の船下りを体験した。子どもたちは「景色がきれいですごい」と大自然を満喫していた。