首里城 象徴になるまで

古典芸能を紡いだ「舞台」 伝統の粋を引き継ぐ芸能家たち

2020年1月18日 15:09有料

■首里城 象徴になるまで(4) 組踊300年(上)  昨年10月31日の首里城火災から数日後。南西に約5キロ離れた那覇市小禄で、国重要無形文化財「組踊」伝承者の一人、立方(たちかた)(役者)の宮城茂雄さん(38)は長さ5、6センチの木の炭が家の屋上に降っているのに気付いた。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング