沖縄県の西表島では野生イノシシのわな猟が盛んだ。太平洋戦争前に台湾から伝わったとされ、猟場にある木や竹などを利用したはねわな猟が主流という。 狩猟期間は11月15日~2月15日。ターゲットはリュウキュウイノシシだ。本州や他の島に比べて小ぶりで臭みがなく、地元で食されている。