沖縄地方は18日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気などの影響で冷え込んだ。午後9時現在、国頭村奥で11.8度、南城市糸数で12.8度と今季最低気温を観測した。

「寒い!」と声を上げながらも元気よく空手の稽古に挑む子どもたち=18日、那覇市若狭・波の上ビーチ(國吉美香撮影)

 最低気温が15.7度だった那覇市では、全日本少林寺流空手道連盟錬心舘県本部(本間貴文本部長)の合同寒稽古が開かれ、波の上ビーチに集まった門下生約200人が演武や海中稽古に挑んだ。

 大きな掛け声で蹴りを披露した松川小5年の山里希琉さん(10)は陸に上がると「やっぱり寒い」と体を震わせ、同小6年の稲福歩夢さん(11)は「寒いけどすがすがしい気分」と笑顔。銘苅小2年の河内芽生さん(8)も「今年は黄帯を取りたい」と意気込んでいた。