沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が手掛ける電動アシスト自転車のシェアサービス「ちゅらチャリ」の26カ所目の拠点が17日、那覇市のパレットくもじに設置された。

ちゅらチャリをPRする久茂地都市開発の我那覇学社長(左端)ら=17日、那覇市のパレットくもじ前広場

 OCVBは渋滞緩和につながる2次交通として活用を推奨し、エコツーリズムなど沖縄観光の新メニューに位置付けている。

 久茂地都市開発の我那覇学社長は「地元の人たちも積極的に利用してほしい。那覇市を周遊するツールとして期待している」と話した。

 レンタル料(税込み)は30分で220円、1日パスは2200円。専用のウェブサイトから申し込むとパスワードが届き、自転車のロックを開錠できる。