沖縄タイムス+プラス ニュース

東京五輪代表入りへ「飛ばす」 ソフトバンク嘉弥真投手 地元石垣島で自主トレ

2020年1月19日 13:00

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークス投手で沖縄県石垣市白保出身の嘉弥真新也選手(30)が16日、市役所に中山義隆市長を表敬訪問した。昨年末に帰省して自主トレーニング中。チームの日本シリーズ3連覇、日本代表として「プレミア12」初優勝に貢献した嘉弥真選手は順調な仕上がりをアピール。「東京五輪に選ばれるよう前半戦から飛ばしていきたい」と決意を語った。

今季の活躍を誓ったソフトバンクの嘉弥真新也選手(右)と中山義隆石垣市長=16日、同市役所

 昨季は3年連続50試合以上となる54試合に登板。「今季も50試合以上投げたい」とし「昨季はリーグ優勝できなかった。リーグを制して日本一を取りたい」と語った。

 古里での自主トレについて「暖かくてやりやすい」としたが、「飲み会の誘いも多い。断るのが大変」と苦笑した。今月に入り酒を断ち、練習に集中しているという。

 中山市長は「立派なスター選手になった。ぜひ今季の活躍も楽しみにしている」とエールを送った。

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間