沖縄タイムス+プラス プレミアム

海上保安庁、米軍被疑者の引き渡し要求 日米行政協定の改定交渉 各省庁の提示項目判明

2020年1月20日 13:00有料

 日米両政府が1960年に日米地位協定に調印するまでの交渉過程で、日本の外務省が各省庁から聞き取った要求項目が19日までに判明した。海上保安庁は刑事事件で日本側に第1次裁判権がある場合、「日本側が被疑者を拘禁できるようにすべし」と求めるなど、当時の在日米軍に対する問題意識の所在が分かる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気