沖縄タイムス+プラス プレミアム

米側の反応「極めて消極的かつ強硬」 日米行政協定の改定交渉 当時の外務省課長が記録

2020年1月20日 13:00有料

 日米地位協定に関する交渉過程で日本側の要求に対する米側の反応について、当時の外務省アメリカ局安全保障課長だった東郷文彦氏は、「極めて消極的かつ強硬な反応を示した」と振り返っている。 日米地位協定は1960年1月19日に調印された。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気