ITベンチャーのPayke(ペイク・北谷町、古田奎輔代表)は、多言語での商品紹介アプリ「Payke」のデータを活用して、県内の土産品製造会社などに新商品を提案するコンサルティング事業に乗り出した。