バスケットボールの第38回小橋川寛杯争奪高校生選手権最終日は19日、宜野座村総合体育館で男女決勝リーグ最終戦を行い、女子は小禄が糸満を62−52で破って2勝1敗で並び、直接対決の結果で初優勝を飾った。  男子は興南が2勝で並んだ豊見城との最終戦を87−59で制し、3年ぶり13度目の頂点に立った。