沖縄タイムス紙面掲載記事

主権の弱さ象徴/米、日本案取り入れず/行政協定改定交渉

2020年1月19日 05:00有料

 行政協定の改定交渉で、外務省が米国に要求した57項目はほとんどが受け入れられなかった。米国による占領下の1952年2月に結ばれた行政協定は基地の管理について「米国が施設・区域の管理の権利、権力、権能を有する」と位置付け、日本の主権の弱さを象徴していた。

連載・コラム
きょうのお天気