まだ22歳の男子重量挙げ73キロ級の宮本昌典(沖縄工高−東京国際大出、同大職)の、強さの秘密はフォームにある。本人いわく「なるべく力を使わない」フォームは、日本代表の小宮山哲雄監督も「無駄がない。人それぞれ関節や筋肉の腱(けん)の長さも強さも違う。同じことはできない」と評価する、天性のものだ。