「沖縄の人は、対岸の火事と思っていたのだろうか」。2018年9月、26年ぶりに国内で豚コレラ(CSF)の感染が確認された岐阜県。現地で殺処分に関わった関係者は、沖縄の危機意識に疑問を呈する。 県は岐阜での発生後、防疫演習や市町村、関係団体と連携会議を実施し、万一の発生に備えてきた。