【東京】防衛省の鈴木敦夫整備計画局長は17日の参院外交防衛委員会で、名護市辺野古の新基地建設を巡る地盤沈下の可能性を問題視する指摘に対し、モニタリング調査や維持管理でのかさ上げなどの対応で「安全性に問題なく飛行場として運用可能」と工法の妥当性を強調した。  伊波洋一氏(沖縄の風)への答弁。