日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業の汚職事件を巡り、贈賄の疑いが持たれている中国企業側から現金100万円の受領を認めた下地幹郎氏(58)=比例九州=は18日、自身の進退を表明する。那覇市内での支持者らとの会合後、記者団の取材に応じる意向だ。  下地氏は6日、現金の受領を認めた。