【名護・宜野湾】安倍晋三首相が20日の施政方針演説で、米軍普天間飛行場の危険性除去や名護市辺野古の新基地建設に触れなかったことを受け、宜野湾や名護市民、辺野古で抗議を続ける市民団体からは「国民の目をそらすためでは」などと安倍首相の政治姿勢を疑問視する声が上がった。