【那覇】首里城焼失後に識名園への来場者が増えていることを受けて、那覇市文化財課は20日、入り口付近のトイレを増やす検討をしていることを明らかにした。市議会厚生経済常任委員会が同日、首里城公園や玉陵、識名園を訪れ、現状や防火体制などを確認した際に説明した。