【宜野湾】沖縄国際大学で10日、同大の非常勤講師で環境調査団体インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)の河村雅美代表による公開授業があり、人体に有害な影響が指摘されている有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)の水汚染問題について学んだ。