防衛省は20日、名護市辺野古の新基地建設で、軟弱地盤の改良工事に伴い設計を変更しても環境への影響は「当初の計画の予測結果と同程度か、それ以下」との見解を示した。建設に関する環境保全策を助言する環境監視等委員会で報告した。委員から異論は出なかったという。 政府は本年度にも設計変更を県に申請する見通し。