安倍晋三首相が施政方針演説で普天間飛行場返還と名護市辺野古への移設計画に触れなかったことに、自民党の県選出国会議員でつくる「かけはしの会」会長の西銘恒三郎衆院議員は「辺野古移設は淡々と進んでおり、政府方針に変わりはない」と冷静に受け止めた。