【東京】茂木敏充外相は20日の外交演説の中で、安全保障分野で在沖米軍にふれ「普天間飛行場の一日も早い辺野古移設をはじめ、引き続き地元の負担の軽減に全力を尽くす」と辺野古新基地建設を進める政府方針を改めて説明した。 日米同盟の意義に触れる中での発言。