八重山署は21日、石垣市内で20代女性に電子マネープリペイドカード8万7千円分を購入させ、その利用権をだまし取る架空請求詐欺が発生したと発表した。

 署によると9日、被害女性の携帯電話に「3億円が当選した。電子マネーのプリペイド番号をホームサイトに入力して下さい」などとメールがあった。女性は市内のコンビニで計6回電子マネーカードを購入し、記載番号を送信元にメールしたという。